全国のJA葬祭のご案内
HOME > もしものこころえ > 参列のこころえ

参列のこころえ

葬儀に参列されるにあたり、会葬者が心掛けるべき、一般的なマナーやこころえをご説明致します。

葬儀参列時の用意

  • 服装
    通常は、黒の礼服を着用しますが、間に合わなければ、黒めの平服でも構いません。
    但し、ワイシャツは白、ネクタイ・靴は、黒色が一般的です。
    また、女性の場合は、黒もしくは地味な色のスーツかワンピースで、アクセサリー類の着用は避けましょう。
  • 持ち物
    必要になる持ち物としては、数珠・名刺・香典(できれば、袱紗に包んで)です。
    また、白いハンカチ、ティッシュ、女性であれば、小物入れ等も持参したほうがよいでしょう。
  • 葬儀に参列できない場合は?
    何かの事情でご葬儀に参列できない場合には、代理の方に名刺と香典を持たせて参列してもらうか、後日、お詫びの手紙を添えて香典を郵送します。
    その場合、不祝儀袋に包んだ上で、現金書留にしてお届けします。

香典について

  • 香典袋の表書き
    仏式葬儀
    「御香奠」「御香典」「御霊前」が一般的です。
    また、「ご仏前」は、四十九日法要以降の法事の際に使われることが通例です。

    神式葬儀(神葬祭)
    「御玉串料」と書くことが多いようです。

    キリスト教式
    「御花料」や「献花料」とします。

    ※「御霊前」については、各宗派で共通して用いられています。但し、浄土真宗においては、故人は亡くなってすぐに仏様になるという思想があるので、避けた方が良いでしょう。
  • 表書きの書き方
    水引きラインから、わずかに下がった中央に氏名を書き、裏面の左端に金額と氏名・住所を書きます。
    中袋に書くときは、表中央に金額、裏面左端に住所・氏名を書きます。
    住所は、受け取られた方が記録をつけますので、必ず記します。
    また、連名の場合は、表に氏名を書くのは3名までで、右側に目上の方の名前を入れます。
    人数がそれ以上の場合は、「○○課一同」「○○会一同」などと書き、全員の住所・氏名を別紙に書いて中包に入れます。
  • 香典袋のたたみ方
    香典袋を折る場合には、不祝儀袋ですので、左手前に折るのが正式です。
    裏面は、上側が下の折られた紙の上に重なるようにします。
    香典に用いるお金は、あらかじめ準備してあったことを嫌い、一般的に使用したお札を使いますが、新札を使う場合は、一度折り目を入れて用います。
  • 香典の出し方
    受付の係りの方にお渡しする場合は、表書きの名前を相手側に向けて差し出します。
    また、通夜などで受付が設けられていない場合には、祭壇に供えます。
    その際、香典の表書きはこちら向きになるように置きます。
    通夜と葬儀両方に出席する場合には、通夜に持参します。
  • 金額の目安
    香典の金額は、故人との親しさの程度や地域の慣習、故人の社会的地位などによって異なりますが、一般的には、ご両親の場合は10万円、ご兄弟で5万円位が多いようです。
    また、職場の同僚や、ご近所の方の場合は、5千円程度が目安とされています。
  • いわれ
    香典は、死者に香をお供えする代わりに、金銭を差し出すという意味がありました。
    また、昔から、葬儀の時には、地域の人が相互に助け合う目的で、米や食物などをお供えし、香典としました。
    香典の「典」は、本来は尊い書物(仏典など)の意味があり、香奠の「奠」の字は、神仏に物を供えて祭るという意味があります。

▲このページのトップへ

会葬時の作法

  • 仏式葬儀:お焼香の作法
    1. 祭壇の少し手前で、僧侶と遺族に一礼します。
    2. 祭壇の前で、両手に数珠をかけ一礼し、合掌します。
    3. 香を親指、人さし指、中指でつまみ、額のところまでおし戴き、香炉に静かにくべます。
    4. 焼香が終わったら、再び合掌して一礼します。
    5. 前向きのまま祭壇前から下がって、僧侶、遺族に一礼して自席に戻ります。
    ※宗派により、焼香の作法は異なります。
    なお、浄土真宗では、焼香に際して香を額におし戴きません。

●宗派による作法の違い

宗派 焼香 線香 本尊
天台宗 1回~3回 1本~3本 釈迦如来/阿弥陀如来
真言宗 3回 3本 大日如来
浄土宗 1回~3回 1本~3本 阿弥陀如来
浄土真宗大谷派
浄土真宗本願寺派
2回
1回
折って寝かせる
折って寝かせる
阿弥陀如来
阿弥陀如来
臨済宗 1回 1本 南無釈迦牟尼仏
曹洞宗 2回 1本 南無釈迦牟尼仏
日蓮宗
日蓮正宗
1回~3回
1回~3回
1本~3本
1本~3本寝かせる
本門の本尊大曼荼羅
本門戒壇の大漫荼羅

※会葬の場合は、進行上の都合もあるので、周りの人のやり方に合わせます。

  • 神式葬儀(神葬祭):玉串奉奠の仕方

    神事で行う「玉串奉奠」は、仏式の焼香にあたるものといってよいでしょう。
    玉串とは榊の小枝に紙垂(しで)をつけたものです。
    玉串奉奠とは、玉串に自分の心をのせ、神にささげるという意味がこめられています。

    1. 神職および遺族に一礼してから、玉串を両手で受け取ります。
    2. 玉串は、右が枝元、左に葉がくるように渡されますから、右手の親指を下にし、左手で支えるように受け、枝元が胸の高さになるようにやや持ち上げて一礼します。
    3. 左手で葉の部分を支えながら、右の手のひらを返し、玉串を時計回りに回転させ、枝元を祭壇に向けて玉串案に供えます。
    4. 遺影を仰いで深く二礼し、2回しのび手(音を立てない)でかしわ手を打って、一礼し、2、3歩後ずさりします。
    5. 向きを変えて神職と遺族に一礼し、自席にもどります。
  • キリスト教葬儀:献花の仕方

    キリスト教式による通夜や葬儀では、焼香に代わるものとして、献花が行われます。
    献花によく用いられる花はキクやカーネーションです。

    1. 花が右、茎元が左にくるように渡されますから、両手で花を持ちます。
    2. 献花台の前に進み、花が手前になるように持ち直し、献花台に供えます。
    3. そのまま1、2歩さがり深く一礼し、司式者(神父か牧師)、家族に一礼してもどります。
    4. キリスト教の信者の人は、胸元で十字を切ったり、両手を組み合わせてお祈りをささげますが、一般の人にはその必要はありません。

▲このページのトップへ

Copyright c Zen-Noh. All rights reserved.