全国のJA葬祭のご案内
HOME > もしものこころえ > 葬儀に必要な書類・手続き

葬儀後の手続き

葬儀に必要な書類・手続き

  • 死亡届・・・
       死亡を知った日から7日以内に役所に提出します。日・祝日でも受けつけています。
  • 死亡診断書・・・
       死亡届を出すために必要です。臨終に立ち会った医師が書きます。
       生命保険の受給手続きなどにも必要なので、3~5枚はもらっておきましょう。
  • 火葬許可証・・・
       死亡届の提出とともに、役所に申請します。火葬するために必要です。
  • 埋葬許可証・・・
       火葬終了後、火葬場が火葬許可証に必要事項を記入したものです。
       納骨するときに必要です。再発行できないので、大切に保管します。

受給・申告のための手続き(代表例)


手続き内容期限申請先備考
国民健康保険葬祭費 2年以内各市町村役場 故人が国民健康保険に加入していた場合
社会保険 埋葬料 2年以内 勤務先か所轄の社会保険事務所 故人が勤務先の健康保険に加入していた場合。
また、被扶養者が死亡した時は「家族埋葬料」が支給される。
高額医療費 2年以内 加入保険の問い合わせ先 自己負担が1件で1ヶ月の限度額を超えた場合
国民年金 遺族基礎年金 5年以内 役場 条件を満たしていない場合は「寡婦年金」や「死亡一時金」
厚生年金 遺族厚生年金 5年以内 勤務先か所轄の社会保険事務所 公務員であれば共済年金の「遺族共済金」
準確定申告 4ヶ月以内 税務署 故人が自営業の場合や、給与収入が2千万円を超えていた場合等、所定の要件に当てはまる場合、亡くなった年の1月1日から死亡日までの所得について申告
医療費控除 税務署 確定申告と共に申請する税金の還付手続き

 その他に、故人が、JAの「JA共済」、各生命保険会社の「生命保険」、郵便局の「簡易保険」、勤務先などで一括加入している「団体生命保険」などの保険に加入されていないか、証書や領収書を確認しましょう。

▲このページのトップへ

名義変更の手続き(代表例)


手続き内容期限申請先備考
住民票 世帯主変更 14日以内役場 世帯主が死亡した場合
電気・ガス・水道 名義変更 早めに 各営業所
電話 名義変更 早めに NTT

預貯金 名義書き換え 相続確定後早めに JA・銀行・郵便局 個人名義の口座は死亡直後に入・出金とも凍結される
株式 名義書き換え 相続確定後早めに 証券会社等
不動産 所有権移転登記 相続確定後早めに 法務局

 その他に、貸付金・借入金があれば権利移転の通知手続き、賃貸等の諸契約があればその確認と名義変更、営業許可・事業免許があれば名義変更を行います。
 また、運転免許証の返納手続き等、各種の名義抹消手続きを行います。

相続の手続き(代表例)


手続き内容期限申請先備考
相続権 限定承認
相続放棄
3ヶ月以内家庭裁判所 遺言書の有無を確認し、相続人を選定する。
相続税 相続税申告 10ヶ月以内 税務署 協議をまとめ相続同意書、遺産分割協議書を作成する。

ご葬儀の諸手続きについて

ご葬儀後には、上記のとおり、名義変更や各種届出など様々な諸手続がございます。
JA葬祭では、JAの総合力を生かし、葬儀後に発生する諸手続の課題解決をサポート致します。

  • 相続の手続き方法について知りたい。
  • JA貯金・共済の手続きについて教えてほしい。
  • 土地・建物の名義変更の手続きについて。
  • 相続財産の名義変更に関わる必要書類と窓口。
  • 運転免許証の返納手続きについて。
  • 家族が亡くなった際の確定申告方法。
  • 遺族年金の受給方法について。

JA葬祭では、JAのネットワークを活かし、ご遺族の皆様からのご相談に真摯に対応させて頂きます。

▲このページのトップへ

ss
Copyright c Zen-Noh. All rights reserved.